白い歯

インプラント治療で得る高品質の人工歯|デンタルローンを利用しよう

歯周病の治療を行なう

歯科

歯に現れるトラブルの中でも、注意をしなければならないのが歯周病です。通常の虫歯であれば、歯が虫歯菌に溶かされることで穴を開けられます。歯の神経が刺激されることで、強い痛みや歯がしみるなどの自覚症状が現れます。しかし、この歯周病は痛みなどの自覚症状も現れにくいので、気づかない内に歯周病が進行してしまうことが多くあるのです。歯周病は、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の間の溝に歯周病菌が繁殖することで発症します。通常の歯ブラシではブラッシングがしにくい場所なので、毎日歯磨きをしている人でも発症リスクが高いのです。放置すると、歯周病菌が歯肉へダメージを与えることで歯茎が炎症を起こし、歯茎が後退してしまいます。歯を支える歯肉が後退すれば、歯は支えを失ってしまうため、抜けやすい状態になってしまうのです。もしも歯がグラグラすることや、歯茎が赤くブヨブヨと腫れている状態であれば、高い確率で歯周病を発症していると考えられます。三田市などになる歯科で治療を受けることで、歯周病で歯を失う最悪の結果を避けることができるでしょう。

三田市の歯科では、スケーリングと呼ばれる器具を使い歯周病の治療をします。歯周病による歯茎の腫れを治療するには、歯周ポケットのプラークや歯石を除去する必要があります。三田市の歯科は、スケーリング器具を使って歯周ポケットのプラークを掻きだすので、通院することで歯茎の腫れを改善させることができます。また、内部の歯石がスケーリング器具で取れない場合、三田市の歯科は外科手術によって除去を行ないます。歯茎の腫れや出血程度の問題であれば、歯周病の症状も比較的軽いことが考えられます。外科手術まで行なうことを避けるために、気になる症状があればすぐに三田市の歯科に見せておく必要があります。